抗がん剤治療と辛い副作用について
抗がん剤治療と辛い副作用について

がん医療対策の最終兵器「抗がん剤」について

がん医療対策の最終兵器として知られているのが抗がん剤。この薬は、がんが細胞分裂する過程に働きかけて細胞の増殖を妨げる機能がある。細胞が成長するのに必要な物質を作らせない、または、過剰につくらせるという方法で、がん細胞の増殖を妨害し、死滅を促していくというもの。がんの完治が目的で使用されるが、補助的に使用されることもある(手術前に患者に投与して病巣を収縮させることで切除しやすくする、術後の転移・再発を防ぐ)。がんの種類によっては、抗がん剤治療が第一の選択とされることもある(白血病や悪性リンパ腫など手術の対象とならないがんが対象となることが多い)。ただし、抗がん剤が効いてがんの縮小・消失、あるいは寛解がみられても、後に腫瘍の肥大・再発等のリスクはあることには注意したい。効く=治ると単純にいえない場合が往々にしてあるということを理解しておく必要がある。

多くの抗がん剤は、細胞自体あるいは細胞の中にあるDNAに致命的な障害を及ぼす機能も持ち合わせる。がん細胞は細胞分裂が活発なため、攻撃にさらされやすくなる。また、正常細胞でも、血液をつくる骨髄の造血細胞や口腔粘膜、消化管粘膜、毛根細胞などは頻繁に細胞分裂をしている。そのため、かん細胞と同様に抗がん剤による作用を受けやすくなる。抗がん剤の多くは本来の効果を得るために、副作用が避けられないケースがある。だからこそ、副作用に関する正しい知識・情報を手に入れることが大切だ。

ピックアップ情報

Copyright (C)2017抗がん剤治療と辛い副作用について.All rights reserved.