抗がん剤治療と辛い副作用について
抗がん剤治療と辛い副作用について

抗がん剤の医療を受けるメリットとデメリット

がんという病気は一昔前には不治の病と言われていましたが、最近の医療技術の発展に伴い治す事が可能な病気と言われるようになってきました。
そうは言っても、やはり簡単に治せるような病気ではないので、患者にとっては辛い治療の連続です。

その中でも是非が問われるのは、外科手術を行った後などに転移してしまったがん細胞を叩く為の抗がん剤の患者への投与です。

この抗がん剤はがん細胞を攻撃して倒すだけあって、かなり強烈な薬剤です。

これの問題は、がん細胞以外の正常な細胞まで攻撃してしまうところにあります。
そのため患者には、激しい吐き気やだるさ、毛が抜けるといった深刻な副作用が表れることが多くあります。
そのため医療の現場でも倫理的な問題として患者に対しての投与は適切なのかどうかが問われています。

抗がん剤治療を行うことのメリットは、成功すれば体の中に転移したがん細胞を効率良く攻撃することが出来る事です。

このため、転移した場合に行う治療方法として使われることが多いようです。

抗がん剤を使うことによって完治が可能な場合もあります。
逆にデメリットとしては、先に述べたように副作用の影響が大きすぎることが挙げられます。
患者は精神的にも肉体的にもかなりの我慢を強いられますから、生活の質が下がってしまうことが問題です。

実際に抗がん剤治療を行う際には、医師、患者、患者の家族、との意思の疎通が必要です。

信頼関係を築いておくことも、がん治療には重要です。

ピックアップ情報

Copyright (C)2017抗がん剤治療と辛い副作用について.All rights reserved.