抗がん剤治療と辛い副作用について
抗がん剤治療と辛い副作用について

医療の発展と抗がん剤

医療の治療の上で抗がん剤はかなり重宝されているんじゃないかなと思います。
主としてがん細胞分裂する過程に働きかけ、細胞の増殖を妨げます。
細胞が成長するのに必要な物質を作らせないようにしたり、反対に過剰に作らせたりして、がん細胞の増殖を妨害し、死滅を促します。
がん病巣を完全に破壊して完治を目指すほか、手術前に投与して病巣を収縮して切除し易くさせたりします。
一回や二回位では終わらず、ある程度期間を用いて抗がん剤を投与するんじゃないかなと思います。
場所によっては静脈からの場合もありますし、動脈からの場合もあります。
動脈の場合ですと、皮膚などで覆われているので、カテーテルを投入しなくてはなりませんので、その為の手術を行わなくてはなりません。抗がん剤で一番悩ましいのは、副作用じゃないかなと思います。
癌細胞だけでなく他の例えば、毛根細胞や血液を作る骨髄の造血細胞なども壊れて行きますから、結果として抜け毛を引き起こしたり、白血球の数が少なくなる恐れがあります。
ですので、しっかりと口等から菌を入れないようにマスクでの生活を必要ではないかなと思います。
肺炎などを引き起こす要因にもなりますからね。

医療の発達で様々な方法で病気を治療する事が出来るようになっていきました。
その一つが抗がん剤だと思います。
もしも、その様な治療方法で行うとしたら、しっかりと医師からの説明を受ける事が大事なことなんじゃないかなと思います。

ピックアップ情報

Copyright (C)2017抗がん剤治療と辛い副作用について.All rights reserved.