抗がん剤治療と辛い副作用について
抗がん剤治療と辛い副作用について

抗がん剤を使用する「化学療法」という医療行為について

がんの治療方法としては、がん細胞による悪性腫瘍を開腹手術などによって、摘出することを思い出します。
実際に外科的な医療行為の事例が多いことは間違いではないのですが、このような手術のみががんの治療方法ではありません。手術以外のがん治療の方法としては、放射線治療、核医学的治療、内視鏡的治療などがあり、特に抗がん剤を使用するがんの治療方法を化学療法と呼んでいます。
がんの多くは、がん細胞で構成された悪性腫瘍(できもの)でありますから、切除・摘出する必要がありますが、患者の体力などの条件によって、外科的手術ができない場合、がんの広がり方によって臓器自体を摘出する必要がある場合もありますが、そのようなことをすれば、生命の危険を及ぼしたり、通常の生活ができなくなってしまうことがあります。
このような場合、化学療法が選択されます。
また、がんは細胞でありますから、転移したり、播種性という種をまくように広がっていくがんもあり、一般的に想像する「大きな固まったできもの」を形成しないこともあります。
また、白血病もがんの一種ですが、これも摘出できません。このような場合に化学療法を選択します。

化学療法は、抗がん剤を点滴する治療で、スケジュールと点滴する抗がん剤の種類があらかじめ定められているプロトコールに沿って実施されます。
また、抗がん剤は身体に負担をかけることが少なくなく、嘔吐、嘔気、悪心、かゆみ、脱毛などの副作用があることがありますが、治療が終われば、すべて徐々に回復していきます。

ピックアップ情報

Copyright (C)2017抗がん剤治療と辛い副作用について.All rights reserved.